中途半端な洗濯をすると体臭に影響する?服が臭っているって知ってた?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

体臭、というと体の臭いであることは間違いないのですが、実際に臭っているのは「服」です。汗そのものというよりは、汗が染み込んだ衣服が生乾きになったときに出るあの臭いが、不快な体臭として周りに臭ってしまっています。その臭いたっぷりの衣服が、また汗でびしょびしょの身体に貼り付くわけですから、負の連鎖です。そのうち不快な匂いは身体に染み付き、文字通り「体臭」になってしまいます。
なので、日頃からのこまめな洗濯が解決の糸口です。しっかり柔軟剤を入れて洗濯をし、しっかりお日様に当てて乾かす、というごくごく普通の習慣を継続的に行うのが大切です。大切な人に会うなら、替えの1枚や2枚は持っていきましょう。洗濯さえしっかりしていれば、周りに迷惑が及ぶような「激臭」は間違いなく回避できます。

デオドラント=無駄な出費!?頼るのは最後!

一番のメリットは、無駄なコストを抑えられる点です。昨今のデオドラント商品は優秀で、ワキの臭いや気になる部位の臭いを手軽にピンポイントに解消してくれますが、意外とコストが高いという印象が拭えません。加えて根本的な解決になっていない場合がほとんど(クサイ衣服にいい匂いを足す、など)です。
であれば、1度の洗濯で複数の衣類の臭いの原因をやっつけるために、ちょっぴり高めないい洗剤・柔軟剤を使ったほうがトータルで見てコストが安いです。衣類の見た目の清潔さも確保でき、一石二鳥です。
場面に応じて、併用するのもオススメです。出先でどうしても臭いが気になるときは、流石にその場で洗濯するわけにもいきませんので、デオドラント商品を使う。最後の手段として常備しておく、というのが賢い使用方法です。

洗濯忘れた服から臭う!それ、あなたの体臭になるかも…!?

身体から出た汗や臭いそのものが服に染み付き、その臭いが染み付いた服を着たままにする、そうやって足し算式に臭いは強くなっていきます。そんな服を洗わずにまた次の日着たら、前の日より早く臭いが強くなってしまうのがわかりますね。いくらデオドラントが優秀とはいえ、いくら身体を念入りに洗ったとはいえ、服に蓄積された臭いを減らさないことには体臭を解消することはできません。また、洗わずに部屋に放置したり洗濯機に入れっぱなしにしてしまったら最悪です。臭い+臭い=強烈な臭いとなってしまい、一度の洗濯では臭いを取りきれません。臭いが残った衣類を着るのもためらわれますし、仕方なく着るしかないとなれば多少の体臭を覚悟しなければなりません。

し過ぎもしなさ過ぎもダメ!ほどよく継続が一番のコツ

確かに洗濯は臭いに対して効果的ですが、あまりに過敏になりすぎてやたら洗濯してしまうと、今度は衣類のほうがダメになってしまいます。お気に入りの服ほどこまめに洗濯をしてしまいがちなので、洗濯するペースは1日1回・同じ服のヘビロテをなるべく回避する等の工夫が必要です。
また、洗濯に使う洗剤や柔軟剤にも気を配りましょう。中には香水よりも強い匂いを衣類につけることができる柔軟剤もありますが、人によってはその匂いも「臭い」として感じてしまう場合があります。そうなっては折角の洗濯も台無しなので、使う分量や匂いの選び方は慎重に行うのが賢明です。
余談ですが、風呂水を使う場合の洗濯も気をつけましょう。入浴剤を入れている場合などは、洗剤や柔軟剤の匂いとケンカして、思わぬ臭いを発してしまう場合があります。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© bloovanprime , 2019 All Rights Reserved.