汗をかく季節はデオドラントクリームでしっかり対策

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

私は夏場になると脇の汗の臭いが気になるため、スティックタイプのデオドラントクリームを塗って対策をしています。
クリームタイプは直接汗の気になる箇所に塗ることで汗の出る場所をピンポイントで抑えることが出来ます。
しっかりと塗ることが出来るため、長時間経っても汗で脇周りがべたついたり、嫌な臭いがすることなく押さえることができます。
また、クリームタイプはあまりにおいがきつくない物が多く、ササッと塗り直しをしても周りにバレにくいですし、スプレータイプのようにスプレーが周りに散らばらないという点が会社などでもとても使いやすいです。
朝に塗っておけば、オフィス内なら一日しっかりと効果を発揮してくれます。

しっかり長時間ピンポイントで臭いを予防してくれます

まず私が感じていることは、スプレータイプのように周りにデオドラント成分が散らばらないので塗り直しの時に周りを気にすることがない点がいいと思っています。
しかし、朝一回しっかりめに塗っておけば、ほぼ一日塗り直しがいらないくらいきちんと密着してくれているので、長時間持続するという点でも優秀だと思います。
また、気になる箇所だけにしっかりとピンポイントで塗ることが出来るため、汗を抑えて臭いを予防する効果がとても高いです。
クリームタイプですが、塗ったところはサラサラになってパウダーをはたいたようになりますので、脇がベタベタして不快感があると言ったこともありませんし、私が使っているのはスティックタイプなので塗るときに手が汚れてしまうという心配もありません。

汗ジミと共に不快なにおいがしてしまう

まず、脇周りが汗をかいてしまい、酷い時には洋服に汗ジミが出来てしまいます。
拭き取りが出来なかったりして、そのままの状態になってしまうと、脇を上げたり動かしたりしたときにふと汗独特の嫌なにおいがしてきてしまいますし、汗で脇のあたりがベタベタしてしまいとても不快ですし恥ずかしいです。
それに、拭き取ったとしても洋服に汗ジミがついてしまっていたら、その洋服自体に汗の嫌な臭いが移ってしまうので、洋服ごと取り替えないといけなくなってしまうこともあります。
以前、アウトドアで塗り忘れてしまったことがあったのですが、その時は着替えもなく脇に汗ジミが出来てなんとなく臭っている感じがしてしまい、気になって遊びどころではなくなってしまったことがあります。

パッチテストとたくさん汗をかくときはきちんと塗り直しが必要

クリームタイプは脇に直接しっかりと塗り込むので、お肌が弱い人は荒れてしまったりかゆみが出てきてしまうこともあるためその点は一度テストをしてから使用した方が安心です。
荒れてしまったらしばらくはスプレーなども使用できないでしょうし、何より汗をかくたびに肌がピリピリしてしまいます。
またもう一つ、ものすごく汗をかきやすい人はこまめに塗り直しをしないとクリームが汗を吸収できなくなってしまい、クリームと汗が混ざり合ってぬるぬるした状態になってしまい逆に臭いの元になりますのでその点も注意が必要です。
屋外や運動時などたくさん汗をかきそうなときはこまめな塗り直しは必須です。
その際は、一度軽く拭き取ってから塗り直しをすることでサラサラ状態を保つことが出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© bloovanprime , 2019 All Rights Reserved.