お風呂でできる体臭の改善方法はある?朝風呂は効果あるの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

例えば、風が吹いたとき、頭を振った時などに自分の体臭がふわっと臭うときがあるので、臭いがでているだろう部分は良く洗っている。

人前ではそれほど自分の臭いには意識はしていないが、対策をすることで、臭ってたらどうしようという不必要な心配をしなくていいので、積極的にもなれると思う。

また、香り付き制汗剤を使うことによりほのかに香るので、自分で自分の臭いを気にする事もなくなった。自分にとって体臭対策は【必ずしなくてはいけないもの】の部類で自信を持って人と接する事の1つとして重要なものである。

最近では、スメルハラスメントという言葉もできたので、体臭対策は必要なことなのだろう。

気後れする事なく人と付き合う為に、お風呂ではしっかり体臭対策をしよう

たかが臭い1つで消極的になったり、気後れしたり、距離を取ったり等しなくて良いので、人の顔色をいちいち見なくて良いので、積極的に接する事も可能となる。清潔に体を保つ事にもなるし、極端な話、異性と関わることも自信をもてる要素の一因となるだろう。

例えば家族の間でも、父親というものはとかく存在を否定されがちだが、足、頭など臭い対策をすると、くさい…。と言って臭い1つで人格まで否定される事も無くなるだろうし、いい事づくめの様な気がします。

臭いとはもはやマナーみたいなもので、臭い対策は、性格が良いと同じくらい重要視される程、日本では浸透してきているのではないかと思います。海外、特にフランスでは、臭いを気にするあまり香水が根付いたくらいですから。

体臭が臭いと周りのみんなに人間性まで否定される

例えば、仕事で挨拶や声をかけ横を通っただけで嫌な顔をされたり、陰で臭いと言われてクスクス笑われたり、本人の知らない変なあだ名をつけられ、飲み会にはもちろん誘われないし行ってもみんなとなりに座らないし、上司にも嫌われ、左遷されたり、取引先へ行って商談しても臭くて次は呼んでくれなかったり、昇給も厳しくなる、机に芳香剤を置かれいじめられたり、目の前でマスクをつけられたり、家に帰ったら帰ったで、家族にまで臭いと言われて、人格も全否定された様にぞんざいに扱われ、性格まで暗くなり、それが悪化したらうつ病にもなり兼ねない、それほど臭いとは他人には敏感で、嫌な臭いは他人の性格まで捻じ曲げて悪口を言わす、悪の権化。

あまり神経質にやりすぎないこと。

ニオイ対策はすることに越したことはないが、自分の臭いに敏感になり過ぎて、臭ってもないのに臭っていると勘違いして、ノイローゼになり兼ねない。
あまりしすぎると、神経質な人、少しおかしな人と他人から見られて、臭いは無くなったのに逆に引かれて付き合い辛いと思われると困るので。やり過ぎはなんでも良くなく、程度に対策するのが良い。度が過ぎると、洗いすぎによるかぶれや湿疹、皮膚も弱くなり病気の引き金にもなり得る。制汗剤などの臭いを消したり加えるのも、適度な回数でないと肌のトラブルを引き起こしかねない。
なにより、臭いに敏感になるあまり、本当にしなくてはいけない事に気付かなくなり、社会生活自体が困難になる場合も無きにしも非ず。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© bloovanprime , 2018 All Rights Reserved.