冬の体臭対策はしてる?デオドラントスプレーの効果的な使い方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

真冬の時期で外は寒く、汗とは無縁とはなりますが、室内にいると状況は変わります。自分の家などプライベートな空間であれば温度調節はそれほど難しくないのですが、職場などになれば話は別です。特に朝は寒いので、暖房を強めに設定しているせいで、人が出勤し始めると温度があがってきます。また、重要なプレゼンの前、仕事のミスなど発覚したときは無意識に体温が上がり、夏場以上に身体がホテルことがあります。そうすると汗をかき、特にわき汗の臭いが非常に気になってしまうのですが朝にわき汗スプレーを冬でもきちんとすると、仕事場で体温が上がった際にもわき汗の臭いは気にならずに過ごすことができます。

室内で温度調節が難しいときも安心ができる

わき汗の臭いはいつどこで気になるのかは予測がつきません。突然仕事のミスが発覚したとき、デートで電車に乗ってつり革を掴んだとき、デパートに買い物に行って試着しているとき…どのタイミングで焦ったり戸惑ったりして温度が無意識にあがり、それに対するわき汗の臭いが気になるのか、その時にならないとわからないです。夏場は暑くなるので当たり前のように行っているのですが、冬場は大切な場面でこそ気になってしまうのです。そこで冬場でもきちんとわき汗スプレーをすることであらかじめわき汗の臭いが抑えられて、気にならずに過ごすことができます。また、夏場とは違い汗もかかないので塗り直しも不要です。爽やかに1日を過ごせていざという時も臭いが気にならない…メリットしかありません。

ここぞという場面でこそ臭いが気になる!

ある研究で、人は焦ったり慌てたり、臨機応変な対応が必要になる時や気合を入れる時にはわき汗が発生するとの結果が出たそうです。
私も同じように緊張をしたり、仕事をミスして焦ってしまうと冬場であっても無意識に汗をかいてしまうようです。
爽やかな汗ならきにならないのですが、そういう場面での汗はとても嫌な独特の臭いがします。また、夏場であれば服も風通しが良い素材を使用していることや、そもそも汗をかくことが予想されるためきちんと対策をしていますが、冬となれば話は別で汗をかかないとたかをくくっている分、油断しているため汗をかいたときに余計に焦ります。
そのため悪循環となり臭いが気になったときには対策ができず余計焦って臭いがはっせいし、ただただ汗が引くのを待つしかない状態になっています。

ワンシーズンで使い切るように心がける

わき汗を気にするため、スプレーを使っていますが気をつけなければいけない事は、ワンシーズンで使い切るということです。なぜならわき汗スプレーは時が経ち過ぎると劣化してしまい、いい匂いのはずであったのに嫌な臭いを発生させてしまう時があるからです。
わき汗スプレーを使う朝の時点では特に問題はないのですが、実際に汗をかいてしまった場面でそれは起きてしまいます。
効果が薄れて汗の臭いがするということはスプレーをしている限りではおこっていないのですが、例えばフローラルの香り付きのものを利用した際には、そのフローラルの香りが劣化しています。
例えるならば、たまに香水売り場で香水の香りをガーゼに染み込ませて見本にしている時があります。しかし、時間が経っている香水は劣化し、臭くなることがあります。
それと同じように香り自体が劣化し、臭ってきつい臭いになることがあるのでワンシーズンで使い切るよう心がけています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© bloovanprime , 2018 All Rights Reserved.